コラム|岡山市南区で歯科をお探しの方は岡山みなみ歯科クリニックまで

  • 岡山市南区・岡山みなみ歯科クリニック・電話
  • 岡山市南区・岡山みなみ歯科クリニック・メニュー

歯科医院で?自宅で?自分に合うホワイトニングの選び方

みなさま、こんにちは。 岡山市南区の岡山みなみ歯科クリニックです。   歯を白くしたくてホワイトニングをしようと考えているけれど、自分に合う方法がわからないと悩まれてはいませんか?   ホワイトニングには、歯科医院で行うタイプとご自宅で行うタイプの2種類があります。 それぞれの特徴を知り、希望の白さを手に入れましょう。     歯科医院で… 続きを読む

顔がゆがむ?肩こり・頭痛?歯を失ったままにしていたら起こる健康リスク

みなさま、こんにちは。 岡山市南区の、岡山みなみ歯科クリニックです。   歯を失ったままにしておくと起こるお口の健康リスクを考えたことありますか?   歯を失うと、最初のころは口内に違和感があるのですが、慣れてくると普通に食事もできるようになります。 そのため、ついつい「このままでいいか」などと放置してしまいがち。 しかし、そのまま放置しておくことで、さまざ… 続きを読む

インプラント治療後に摂りたい「おすすめの食事・栄養」について

みなさま、こんにちは。 岡山市南区の岡山みなみ歯科クリニックです。   インプラントは、外科的な治療になるため、手術を行います。 傷口の治癒や、埋めた人工歯根が骨とつながるようになるまでできるだけ早い方がいいですよね。 治療後に、どのように過ごすかも大切ですが、回復力を高めるために栄養面も同じくらい大切です。 どのような栄養を食事で摂取すればよいのか、おすすめの食事を… 続きを読む

虫歯・歯周病を予防することの重要性

みなさま、こんにちは。 岡山市南区の岡山みなみ歯科クリニックです。   歯周病は、日本人の成人の約8割がかかっていると言われている病気です。 むし歯は年々発症率が下がってはいるものの、やはりかなりの数の人がその症状に悩まされているのが現実です。 いずれも歯を失う主な原因なだけに、できる限り予防することが重要といえます。   今回はそんなお口の病気を予防するこ… 続きを読む

インプラントと入れ歯で迷っている方へ

みなさま、こんにちは。 岡山市南区の岡山みなみ歯科クリニックです。   歯を失った際には、何らかの治療で欠損部を補う必要があります。 具体的には、入れ歯かインプラントで迷われる方が多いことでしょう。 入れ歯にもインプラントにもそれぞれ異なるメリット・デメリットがあるため、何が最適かは患者さまによって変わってきます。   そこで今回は、入れ歯よりもインプラント… 続きを読む

キレイライン矯正について

当院では、マウスピース矯正としてインビザライン矯正を導入しておりましたが、新たにキレイライン矯正も始めました。 キレイライン矯正はマウスピース1つから始めることができ、回数(マウスピースの個数)を自分で決めることができるため費用を抑えることができます。 ただし、キレイライン矯正で治せる歯並びには限界があり、重度の不正な歯並びの場合は適応でない場合があります。 一方、インビザライ… 続きを読む

トライフープ岡山を応援しています

トライフープ岡山の2022–23シーズンスポンサーになりました。 岡山市南区を拠点に、地域の方のために活動したいという思いが当院の理念と一致しており、非常に共感したため、 少しでも活動のお役に立ちたいと考えました。 私は学生時代にサッカーと陸上をしており、バスケットボールとはあまり縁がなかったのですが、 トライフープ岡山の試合を観戦すると、とても迫力のあるゲームで、予想の何倍も… 続きを読む

非常勤の先生のご紹介

4月から非常勤の先生が変更になりました。 市川 知香(いちかわ ともか)先生が毎週月曜日に岡山大学病院から来てくれています。 専門は補綴(入れ歯や被せ)です。   また、主に埋伏歯抜歯を担当する口腔外科の先生は兵藤 藍子(ひょうどう あいこ)先生が来てくれています。 第3土曜日が勤務日です。   よろしくお願いします。 続きを読む

新しい常勤の先生のご紹介

こんにちは。 もうお気づきの患者さんもいらっしゃると思いますが、5月から常勤の先生が増えました。 德永 英里(とくなが えり)先生です。 德永先生は岡山大学病院での勤務時代の後輩で、日本歯科補綴学会認定医の非常に優秀な先生です。 そして、德永先生について何よりもお伝えしたいのは、とても丁寧で優しい先生ということです。 歯医者が怖い方や小さなお子様にもより安心して通っていただけれ… 続きを読む

歯を失ったら、まずは急いで入れ歯を!

みなさま、こんにちは。 岡山市南区の、岡山みなみ歯科クリニックです。   大人の歯は、親知らずを入れると上が16本で下が16本、計32本あります。   この中から1本失ってしまったとしたら、どうしますか? 「32本あるから1本くらいなくなっても大丈夫」と、そのままにしますか?   歯を失った部分に対する治療はいくつかありますが、まずは急いで入れ歯を… 続きを読む
1 2 3